2006年01月20日

WSD読んでたら

昨日買ったワールドサッカーダイジェストにレコバのインタビューが載ってた。

美しいサッカーをするチームとか、チャンピオンズリーグでは絶対当たりたくないとか、自分がいくらタイトルを獲っても、ロナウジーニョにはかなわないとか、そんなことを言っていたのが印象的だ。レコバは以前からバルサが好きだったようで、ここ最近は特に好きになってるみたい。

昨年は出場機会に恵まれず、他クラブからのオファーも届いていて移籍はほぼ確実と見られていたが、会長か誰かに(覚えてないのでもう一回読んでみます!)に「私が移籍をする時は、貴方が私を必要としなくなった時だけです。」と言って残留しているのだ。

それで今年は結構活躍してる。時にはオバオバ(マルティンス)をベンチに追いやる時も。腐らず頑張るとこういうことが待っているということを証明してくれたような気がする。

この記事を読んで、レコバが好きになった。


もう一つ、Blaugranaさんの掲示板からの情報だが、平山がバルサ入りを夢見ているらしい。

バルサ入りはエトー大明神がいる限り難しいとは思うが、日本代表は入れてやってもいいんじゃないだろうか。ズィーコ監督はその辺考えてるのか考えてないのか分からないが、少なくとも平山が代表に入るという話は今のところない。

実際に入ってみないと何ともいえないけど、平山だったら1年間で鈴木師匠や玉田、ヘナギ沢、高原らFW全員の1年間の総得点を一人で上回れるんじゃないかと密かに期待しているのに。



posted by ホアキン at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。