2006年02月09日

サラゴサよ!

年に入ってから負けがなく、つい最近まで上り調子だったレアル・マドリー。
最近では「銀河系完全復活!」なんてことも言われてたりしていた。銀河系なんて言ってるのは日本のメディアぐらいのもんじゃないかと思ったりもするが、そんなことはどうでもいい。

実際、監督がロペス・カロに変わってからチームも団結してコンスタントに勝ちを積み上げ、話のネタにも事欠いてしまっていたが、そんな矢先にこんなことがあったわけだ。

<国王杯>R・マドリー屈辱!! サラゴサ相手に6失点

Rマドリード、第1戦大敗 スペイン国王杯準決勝

今度はものすごい屈辱的な失点で敗れてしまったわけだ。バルサでもこんなに失点した記憶が最近ではない。03/04シーズンにマラガに5-1で負けたっていうのがあるが、ここ最近ではそれが最多失点。

試合結果を見ると、
サラゴサ 6 - 1 レアル・マドリー
得点
サラゴサ:
ディエゴ・ミリート 15'
ディエゴ・ミリート 22'
ディエゴ・ミリート 34'
ディエゴ・ミリート 56'
エヴェルトン 61'
エヴェルトン 83'
レアル・マドリー
バティスタ 38'

サラゴサがマドリー3年連続無冠のお手伝いをしてもらえることを願っていたが、どうやらそれが叶いそう。もはやマドリーの決勝進出は絶望的。しかし、敵ながらひどい試合だ。

いつものザル守備はいいとして、カシージャスがこんなに失点したっていうのは珍しい。一体何があったのか。

しかし、このチームは勝っても負けても派手な試合が多い。

ま、敵のことは放っておきましょう。

よろしかったらポチッとヤッテクダサヒ→


posted by ホアキン at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13022027

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。