2007年01月20日

バルサ的ニュース 2007年1月20日

バルサ的ニュースの前に、一昨日仕事を休んだ詳細でも。バルサに関するニュースも1個、それも大したものじゃないし。 むしろこっちがメイン。

以前に書いたときにさらっと触れたんだが、カキを食ってしまったからなのである。なぜカキを食べてみようかと思ったのかというと、 その前の日にちょっとした炒め物を作って、その時にオイスターソースを使ってたわけだが、それを食べても次の日は何ともなかった。

で、もしかしたら大丈夫かも、と思って相方を誘って試しににオイスターバーへ。そこでカキを食べたわけだが、これが旨いこと旨いこと。 それもそのはず、今までも味覚嗅覚だけは美味しいと感じているから。

その日はそれで終わって、家に帰って風呂入って寝たわけなんだが、内臓にいろんなことが起こったのはその次の日のこと。 ちょっとエグい話になるので、食事中の方ご注意を。


夜中の3時ぐらいに激しい腹痛で目が覚めて、トイレに駆け込んだらものすごいことになってた。このときのトイレの滞在時間、 ざっと30分ぐらい。嘔吐もあったし。

まあ、それはそれで終わって、もう1回寝て次の腹痛アラームは仕事に行くために起きる時間よりもちょっと早い6時半頃。 またトイレへ駆け込む。もうこの時は既に固体ではなく、完全な液体。こりゃまずいと思い、会社にメールして休みの連絡を入れる。

それ以降腹痛があまりにもヒドいので、ノロウイルスではないかと思い病院へ。待合室でもトイレへ1回。

結局ノロウイルスではなかったわけだが、前日にカキを食べたことを説明して、以前に中ったことがあるっていうのも説明したら、 何だか乾いた笑いを浮かべられた。先生が言うには、知り合いの中でカキに一度中ってから食べた人っていうのは一人もいないらしい。 僕が第一号になってしまったらしい。

結局この日は一日の3分の1ぐらいトイレで過ごした気がする。食べた物も、残ったご飯で作ったお粥だけ。 それぐらいしか食べれないから仕方ない。

とまあ詳細はこんな感じ。皆さんも、カキには十分気をつけましょう。 っていうか中った経験があるうえにノロウイルス騒ぎがある中でカキを食べる僕もどうかと思うが。

そういうわけで、タイトルどおりのバルサ的ニュース行きましょう。

ベレッチ、 契約延長

何だかライカールトにはあんまり好かれてないイメージがあったベレッチ。 ミランからラブコールを受けているとか受けてないとかっていう話があったが、ベレッチ自身が否定。

もう少し残ってもらわなきゃ。

いい意味でも悪い意味でも印象に残るベレッチだが、チャンピオンズリーグ決勝でのあの逆転ゴールはバルセロニスタの誰しもが覚えている。

ミュージアムのベレッチのスパイク、いつまで飾っておくのかな。僕が次にバルセロナを訪問するときまで飾ってあるだろうか。



よろしかったらポチッとヤッテクダサヒ
 ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 サッカーブログへ

posted by ホアキン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。