2005年05月19日

これは二郎?

今日はちょっと用事があって一日虎ノ門にいた。

昼食はどこで食べようかと歩き回っていると、気になる店を発見。

見覚えのある黄色い看板と、不自然な位置にある「ラーメン」の文字。

二郎?

なんだろうと思ってみてみると・・・

よーく見ると二郎の文字

二郎みたいなんだが、文字が消えている。遠くから見たら「ラーメン虎の門店」だ。店の反対側にある看板には、

消したつもりが消えていない

汚れた庇から二郎の文字だけを剥がしたもんだから、黄抜きになっている。腕が日焼けしたけど、 腕時計の跡がくっきり残っているようなもんだな。

一体何があったんでしょと思いつつ、ちょっと気になるし腹が減ってりゃ何でも旨いと思い入店。

メニューは二郎とよく似たメニューだ。つけ麺があるというところは違うが。僕はここで豚入りラーメンを注文。味付玉子もあったので、 それも追加した。

ニンニクやら野菜やら、他の二郎と同じように好きなようにトッピングが加えられる。ここでは野菜増しを頼んだ。

で、来たのがこれ。

え?これが野菜増し?

何ともケチくさい量だ。一応これでも野菜増しなんだが・・・。キャベツがなくてもやしオンリー。もうこの時点で二郎じゃないと言いたい。 チャーシューもハムみたいに薄切りのやつが5枚。

スープを一口すすると、何とも微妙な味。鼻が詰まってれば二郎の味になるかな。スープよりも野菜よりも決定的に違ったのは麺だ。 麺は極太麺でもなく、ましてや自家製でもないごく普通の何とか製麺の麺だ。微妙に縮れた中太の麺。

もはや二郎でも何でもない。この間行った神保町の二郎の余韻が一気に台無しになった。

二郎であることを考えず、総合的に見ると味は普通。ただ二郎ということを考えたら最低の部類だ。

こういう店には二郎の看板をはずしてもらいたい、って既にはずれてるんだけど。もう既に二郎っていう名前を名乗ってないようだ。

それにしても、何があったんでしょう?味がどうこうで外さざるをえなかったというのなら十二分に納得。

posted by ホアキン at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。