2007年05月07日

第33節 ソシエダ戦

土曜日に8時間フットサルをやってた影響で日曜は全身筋肉痛。 とてもじゃないけどパソコンに向かって何か作業をするという元気がなかった。だから今時分この記事書いてる。GWボケが多いのか、 仕事ものんびりしてたし。

さて、第33節の相手は、降格圏内がほぼ指定席になりかけているレアル・ソシエダだ。 どうもこのチームはこっちが心配になるぐらい弱体化が激しいな。カルピンがいなくなったあたりか、それともニハトがいなくなったあたりか。 チョンス兄さんがいなくなったこととは全く関係ないと思うけど。

バルサのほうも、この試合直前にデコが負傷で2週間の離脱ということで、中盤は怪我明けのエジ、イニ、チャビがスタメン。

レアル・ソシエダ 0 - 2 バルサ
得点
バルサ:
イニエスタ 46'
エトー 88'

エトーと今シーズンは何気にゴールを結構決めてる美白戦士イニ坊のゴールで勝利。 ついでにバルデスが150試合出場を勝利という形で終わらせることが出来た。最初はエトーがゴール決めたあとにわざわざ駆け寄っていって、 何かいい雰囲気と思ったけど、そういうことだったのねと。 レバンテ戦のときもそうだったけど、もうちょっと点取れたし、楽に勝てたんじゃないかと。1点取ると動きがだいぶ変わるんだけど、 その1点が遠いという試合をここ何試合も続けてる。特に前半がものすごくイライラする。心臓にもよくない。

唯一にして最大の結果が、勝利という結果だ。これも前に同じようなことを書いたけど、 優勝をするためには内容はどうあれとにかく勝つしかないのだ。レアル・マドリーがセビージャに勝って2位に浮上して、 首位バルサとの勝ち点差がたったの2しかないわけだけども、バルサが最後まで勝ち続ければ、勝ち点差2っていうのは絶対に縮まらない。 たとえレアル・マドリーが10-0とかで勝ったとしても、その試合だけ勝ち点が6増えるとか、そんなこと絶対にありえないわけだし。

それにしても、イニエスタは年々よくなってるなと、ただただ関心。ゴールチャンスを作るだけでなく、 ゴールを決めるほうにも回ることができる。アシストの数は把握してないけど、今季決めてるゴール数5という数字がそれを物語ってる。 もはやスーパーサブという存在ではない。

もう「イエニスタ」とは言わせねぇぞ。人の名前を間違えるって、その人に対して失礼だ。



よろしかったらポチッとヤッテクダサヒ
 ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 サッカーブログへ

FCB OFFICIAL vol.1
FCB OFFICIAL vol.1鹿野 淳

扶桑社 2006-11-30
売り上げランキング : 93390


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ホアキン at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41101133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。