2007年05月12日

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグ ヘタフェ戦

昨日はコパ・デル・レイだったのか。すっかり忘れていた。

一応ホームで5-2で勝利したので、よほどのことがない限り決勝に行けそうだ、 国内ドブレッテは間近だと思った人も少なくないことだろう。

ヘタフェ 4 - 0 バルセロナ
得点
ヘタフェ:
カスケロ 38'
グイサ 42'
ビバル・ドラド 70'
グイサ 73'

「よほどのこと」が起こってしまったわけで。それにしても、何だこの結果!?この結果を受けて、国内ドブレッテは夢と消えた。 ほぼベストメンバーだというのにこの体たらく。2-0とかだったら、敗退することもなかったのに、何でこんなに取られたのか。 一体何があったのか。

今思えば、ホームでの2失点が痛かったわけだけれども、その代わりの5得点っていうのは十分だったはず。それなのにこの結果。

コパでこんなことになって、精神的にやられちゃってリーガでも優勝逃すなんていう最悪のシナリオを今描いてしまった。 これを描いたのは僕だけではないはず。

posted by ホアキン at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41563131

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。