2005年07月02日

オー・ブラザー!


実はSeesaaがメンテに入っていて、今日の午前2時から11時ぐらいまで見れない状態になってた。メンテの甲斐あってか、 すごく軽くなった。あとは夜のレスポンスが軽かったら完璧かな。

既に数えきれないぐらいDVDプレーヤーに挿入しているこの映画。最近はあまり見ていないが、 一時期は金曜日の夜になると何故かこのDVDを横になりながら見ていた。金曜日の夜だったせいもあって、1週間の疲れがどっと押し寄せ、 冒頭に流れるカントリーっぽい音楽も相まって、知らない間に眠りの世界に入っていることが何度もあった。 プレーヤーに入れた回数=見た回数ではないということを身を持って証明したことになる。

どんな映画か簡単に言うと、アメリカ南部が舞台になったコメディタッチの「オデュッセイア」。

これは面白い!感動した!っていう映画ではないが、そんなに難解な話でもないので、結構見やすい映画だと思う。 コーエン兄弟の映画の中では一番面白い。その前に買った「2001年宇宙の旅」に比べりゃあ・・・。あれはちょっと・・・。スタンリー・ キューブリックの世界観っていうのがどうしても理解できん。彼みたいなのを「天才」っていうんだろう。

自分のことを頭の切れる人間と思っているが、実際はそうでもない主人公ユリシーズは、ジョージ・クルーニーが演じている。 この役はかなりハマり役ではないかと思う。共演のジョン・タトゥーロとかティム・ブレイク・ネルソンとかもいい味を出している。

これがダッパダン僕はたまに立ち寄る掲示板に「ダッパダン」っていうHNで入ることがあるが、 実はこの映画がきっかけなのである。これは何かというと、ジョージ・ クルーニー演ずるユリシーズが愛用しているポマードの名前なのだ。

ある田舎町の店でポマードを買おうとしたのだが、Fopっていうのしかなくて怒り出すっていうシーンが好き。
「I don't want Fop,God damn it!I'm a dapper dan,men.(くそったれ! Fopなんかいらねぇ!俺はダッパダン派だ!」って。

いくらHNの由来だからといって、ダッパダンを使う気にはなれないけど。っていうか、今手に入るのか?映画の舞台が1930年代だし。



posted by ホアキン at 11:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4776880

この記事へのトラックバック

オー・ブラザー!
Excerpt: ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」を題材にして、知的な笑いがちりばめられ作られたコーエン兄弟の「オー・ブラザー!」。 1930年代のアメリカを舞台に、3人の囚人が脱獄し宝物を探して旅をする道中を..
Weblog: Patsaks
Tracked: 2008-11-26 02:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。