2007年08月31日

ジョアン・ガンペール杯

今日は待ちに待ったジョアン・ガンペール杯・・・といきたいところだが、とてもそんなテンションにはなれなかった。

それよりも前に開催されたリーガ開幕戦で引き分けちゃったっていうのもあるかもしれないけど、 そんな事どうでもよくなるような悲しい悲しいニュースが待ってたから。

知らない人はおそらくいないと思うけど、このニュースだ。

レアル・マドリだってサンチャゴ・ベルナベウ杯を中止にしたことだし、ガンペール杯も中止にしてよかったんじゃないかと正直思ったんだが、 プエルタだけでなく名誉副会長ニコラウ・カサウス氏が今年8月に亡くなったということで、弔い合戦的な意味合いもあったのか、 試合は結局行われた。

ただ、セレモニー的なものは一切なし、ただ黙祷するだけ。記者会見等もなかったらしい。 それだけでも十分賢明だったんじゃないかとも思っている。

本来であれば、結果なんかどうでもいいんだが、せっかく試合やったんで載せておく。

バルサ 5 - 0 インテル
得点
バルサ:
ロナウジーニョ 7'(PK)
ドス・サントス 12'
ヤヤ・トゥーレ 38'
イニエスタ 56'
モッタ 79'

セリエAチャンピオンに対し堂々の(?)ゴレアーダ。主力がことごとく温存されたインテルを相手に好き勝手やった印象。 マッチレポートを見る限り、ね。バルサTVかどこかで放送されたらチェックしてみるかな。

とりあえず、ドス・サントスが当たりだということはよく分かった。トップチームに上げてやろうぜ、スペイン国籍も取ったみたいだし。 外国人枠の心配は要らないだろう。

それと、エトーの怪我、2ヶ月の離脱らしい?太腿やっちゃったらしいけど。何だかなあ・・・。 2年連続の長期離脱か・・・。ここは新加入のアンリに頑張ってもらうしかない。

バルサ最後のゲームになると思われるモッタ、最後にゴール決められてよかったね。新天地でも活躍することを願うしかない。ただ、 あんまりカーっとならないように。ただでさえ審判に目つけられてるみたいだから。



プエルタ選手のご冥福をお祈り致します。

  にほんブログ村 サッカーブログへ

posted by ホアキン at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。