2005年07月29日

梅干大作戦その3

先週ようやく梅雨が明けて、やっと梅が干せる、というわけで赤シソと一緒に漬け込んでおいた梅を取り出す時を待った。しかし、 梅雨が明けてから最初の台風が過ぎ去るまでの間、晴れたのはたったの1日だけで、そのあとはしばらく曇り・・・。何てこったい! と悔しい思いをしていた。

というわけで、この1週間で干せたのはたったの1日だけ。その日も晴れたり曇ったりで、あまり満足のいく日ではなかった。

しかし、台風が過ぎ去った昨日からはめちゃくちゃいい天気になったので、思い切って一日中干すことができた。朝、 仕事に行く前に梅を外へ出す。あとは帰ってくるまでずっと出しっぱなしというのを2日ばかりやっている。

それで、途中経過というか、今の状態を写真に撮ってみた。撮ったのが夜だったので、全部を写すことは出来なかったが、 それはまた別の機会ということで。

どう?

この写真を見て、口の中から唾液がじわっと出てきた人、手挙げて!!

横にあるタバコの箱と比べても、粒が大きいのがお分かりになるでしょう?本当は3日ぐらい干せばいいんだが、 これだけ大きいと3日じゃとても足りない。あと2日は余計に干さないと。

干すのが足りないとはいえ、この状態でも十分食べられる。

1個食べてみたが、あまりの酸っぱさに震えが来た。塩分がかなり高めで、12%ぐらい。祖母が生前にやっていた時は、 秤なんか使わずに長年の勘で塩の量を調整していた。僕はまだその域に達してないので、 梅の重さを量ったあとで塩をどれくらい使うかを調整した。

「いい塩梅」って言葉があるが、この「塩梅」っていう言葉は梅干を作るときの塩加減から来てる言葉だってこと、知ってました?

ここにも書いてありますよ。

posted by ホアキン at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。