2007年10月22日

オーストラリア滞在記 3日目

● アリススプリングス 2日目

前日割と早く寝たこともあって、起きたのは朝7時。起きた頃にちょうどルームメイトが宿を出て行くころだったらしく、 ほとんど寝ボケ眼で別れの挨拶。とりあえずドイツ人だということは分かった。男女二人組だったんだが、女性のほうは結構気さくな人で、 別れる前も結構話したんだが、男の方はなんとも無愛想。挨拶しても無視、目すら合わさない。外国人に挨拶してこういう態度取られたの、 後にも先にもこのときが初めて。僕のことがキライだったのか??

まあ、そんなこんなで彼らと別れの挨拶をしたあとは、朝食を済ませて服を洗濯。取り立てて今洗う必要ってないんだけど、 天気がめちゃくちゃいいし暑いので洗うことにした。前日にスーパーで洗剤買ったし。

● アンザックヒルまで

朝食後に向かった場所。宿から歩いて20〜30分ぐらいかかった。しかし、 アリススプリングスはめちゃくちゃ暑い!途中でルートを変えて、 ちょい遠回りでTodd川のほうを通って歩いたのもいけなかったらしい。

しかし、このTodd川、川とは言っても水はなくて砂のみ。いつも水がないのか、それともたまたまこの時期はなかっただけなのか。 とりあえず歩いてみると、タイヤの跡とか、なぜかショッピングカートとか落ちてる。おそらく、歩いたのは僕だけではないはず。

結果的に道を間違えたということもなく、アンザックヒルに無事到着。 途中野犬っぽいのが15頭ぐらい群れで歩いていたのは非常に怖かったが。シェパードみたいなのが15頭、 はっきり言って強盗より怖い。強盗はお金出せば命だけは助けてくれるかもしれないが、野犬はそうはいかない。 おとなしく自分がエサになるしかないかも。

アンザックヒルはそんなに高くない丘だけど、アリススプリングスの中では最も高いところ。小さい町だし、高層ビルもない。 だから町を眺めるには十分な高さだ。ここでアリススプリングスの景色を眺めつつ、 暑さにやられた体力を回復。っていうか、 ここもめちゃくちゃ暑いけど、本当に回復してるの?というツッコミはなしで。

● ムバンチュアギャラリー(Mbantua Gallery)

アンザックヒルを降りた後は、Toddモール入り口付近にあるムバンチュアギャラリーへ。 ここで予てから見たかったアボリジニアートを見物することに。

アボリジニアートに興味を持ったきっかけは、僕がディジュリドゥを初めて購入した6年前のこと。 ディジュリドゥに書かれてるアボリジニアートに何ともいえぬ衝撃を受けたのだ。そこから6年かかって、 ようやく本場に訪れることが出来たわけだ。

ムバンチュアギャラリー内の展示はそんなに大きいギャラリーじゃないのだが、気づけば1時間半ぐらい滞在。

う〜ん、やっぱり素晴らしい。

● ディジュリドゥ購入!!

その後は昼食を済ませたあと、夜飲む用の酒でも買うかと思い、リカーショップへ行ったのだが、開店は午後2時。このときまだ12時半。 この近辺で時間をつぶすにはちょっと長すぎる時間だ。とりあえず今は断念し、一旦宿へ戻ることに。

その途中、とあるディジュリドゥの店で20%オフのセールをやってたので、そこで1本購入。輸送費込みで256ドル。 オーストラリアに来たら1本買おうと思ってたので、とりあえず満足。キーも確認したし。

● さすが乾燥地帯

宿へ戻ってから洗濯物を確認したのだが、既にパリッパリ。Tシャツだけじゃなく、ジーンズもだ。さすが乾燥してる地域は違う。 干し初めてから6時間ぐらい経ってから確認したけど、もうちょっと早く乾くかも。

● ウルル(エアーズロック)ツアー

アリススプリングスは観光業が主らしい。だからいろんなところでエアーズロックのツアー等、いろんんなツアーを組んでる。 僕が泊まってる宿でも、そういうのを手配してくれる。日帰りツアーなんてのもあるので、期間が短い僕みたいな人にはピッタリだ。 ここで次の日の1日ツアーを手配。全部で199ドル。実を言うと、日本にいる間にほとんど下調べしてなくて、 アリススプリングス発の3日間のツアーぐらいしか知らなかったから、エアーズロックは諦めていたんだけど。

● 新しいルームメイト

2時から営業というリカーショップへ行くために、再度宿から15分ぐらいかけてショッピングモールのほうまで。ここでビール6本の束を購入。 たったそれだけのために15分かけて歩いて行ったんだが、やっぱり徒歩のみだと何するにもキツいかも。 もしアリススプリングスへ行くという方は、自分で自転車持っていくか、1日10ドルぐらいで借りれるレンタサイクルを利用するといい。 行動範囲が全然変わると思う。

さて、宿に戻ってくると、部屋に荷物が増えていた。つまり、新しいルームメイトが来たのだ。誰だろうなと少々期待に胸膨らませていると、 ドアをガチャガチャと開ける音が。泊まった宿はなぜかドアが簡単に開けられない。僕を含め、皆ドアをガチャガチャやって開ける。 入ってきたのは僕と同い年ぐらいのアイルランド人、名前はジェラルド。彼とはアリススプリングス滞在の結構な期間、 行動をともにすることになるわけだ。彼と握手をし、旅に関するいろんな話をした。何でも彼は半年ぐらい旅をしているらしく、 アンコールワットやらいろんなところへ行ったときの写真を見せてくれた。アンコールワットはまだ行ってなくて、 死ぬまでに一度は行きたいところだ。

とりあえず、時間もいい感じだったので、買ってきたビールで彼と乾杯。

一緒に夕食はどうだい?と聞いたのだが、残念ながら彼は既に済ませたらしいので、一人でレストランへ行き、 パッパと済ませて再びジェラルドとお話。彼は僕が出て行く1日前までいるらしいので、しばらくは楽しく過ごせそうだ。

● アリススプリングス 2日目終了

明日はエアーズロック日帰りツアーのため5時起床。ジェラルドには了解取って5時半にアラームをセット。 この時の時間はまだ10時半ぐらいだったが、ジェラルドも僕もちょっと疲れていたのでこの辺で就寝。

こんな感じでアリススプリングス2日目は終了。

posted by ホアキン at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。