2007年12月17日

リーガ第16節 バレンシア戦

12月って更新頻度減るなあ・・。いや、12月に限らず、ここ最近めっきり減ってる。平日はそんなに家帰るの早くないし、 休日あんまり家にいないし。いても帰るの夜中だし。オーストラリア滞在記も止まったままだし。 これ書いたら向こうで仲良くなったジェラルドにメールと写真を送ろうと思ってるんだが。ジェラルド、僕のこと忘れてないかしら。

さて、そんな話は別の機会にするとして、リーガの話題を。

リーガも第16節を迎えるわけだが、相手は一応強豪のバレンシア。バレンシアはチャンピオンズリーグも全くいいところなく敗退、 UEFA杯すらも出れなくなってしまった。チーム状態はっきり言って悪い。とはいえ、今まであれだけバルサを苦しめてきたバレンシアだ。 油断は禁物。

この日も起きることに成功したので、試合開始あたりにテレビの前へ。しかし、寒すぎる・・・。 これは熱くなる試合を展開してもらわねば。

バレンシア 0 - 3 バルサ(at メスタージャ)
得点
バルサ:
エトー 12'
エトー 26'
グジョンセン 61'

うん、この快勝で体も温まった。ていうか、暖房入れたけどね。アウェイで快勝ってもしかして久しぶり?

バルサを散々苦しめたバレンシアだが、この日の試合はそんなチームの面影はなく、ごくごく普通のチーム。

1点目(エトー)

メッシからパスを受けたエトーがペナルティエリア内に侵入してくるんくるんと相手ディフェンダーをかわしたかと思うと、 そのまま左足でシュート。カニサレス届かず。カニサレス好きだけど、これはフォローできない。

2点目(エトー)

メッシ、チャビ(だったかな?)とちょこちょこパスをつなぎ、エトーがフィニッシュ。何かよくわかんないうちに決まったゴール。 これもカニサレス動けず。カニサレス好きだけど、これもフォローできない(2度目)。

3点目(グジョンセン)

スルーパスを弾いてこぼれ球をジョバニがシュート!と思いきや、ただ相手ディフェンスを引き付けただけでフリーのグッディへパス。 グッディはそれをただ流し込むだけでよかった。グッディ、リーガ初ゴール。僕はグッディ買ってるんだがな。中盤でもなかなかいけるし。 ユーティリティ性もあるし、バルサにとって必要な選手の一人じゃないかと。

この試合で、エトーの完全復活ぶりとバレンシアのボロボロぶりが明らかになった。帰りだすメスタージャの観客とカニサレスの落胆ぶりが、今のバレンシアのチーム状況を象徴しているような気がしないでもない。クーマン、クビかな・・・。

この勝利の勢いをクラシコまで持ってってもらいたいけど、メッシがな・・・。どうも全治1ヶ月とからしい。クラシコはおろか、向こう5、 6試合ぐらい無理でしょ。以前も太腿やっちゃってるだけに心配だ。チャンピオンズリーグも決勝トーナメント迎えようって時なのにな。

グッディ、ジョバニ、ボージャンはもう少し出番が増えそう。あと、サンティもね。しばらく忘れてたわ、サンティのこと。



よろしかったらポチッとヤッテクダサヒ
 ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 サッカーブログへ

posted by ホアキン at 22:26| Comment(0) | TrackBack(1) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73354056

この記事へのトラックバック

Liga 07-08 第16節 クーマンvs.バルサ
Excerpt: さるおです。 観てられません。悲痛で、あまりに痛々しくて、観てられません。涙でてれびが見えません。涙でカニサレスが見えません。(号泣) だから言ったじゃねーか。にんげんとは思えないまさかの身体能力で地..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2007-12-18 10:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。