2005年11月12日

アジアシリーズ観戦記

以前にも書いたかもしれないが、5月から新しい会社に入った。現在従事しているのが東京ドームと神宮球場の間ぐらいの場所なので、 野球観戦にはもってこいなのだが、どういうわけか転職してからは一度も行っていない。

そんな折、昨日の仕事中に会社の同僚からアジアシリーズを見に行こうという話が来た。カードはロッテ対興農ブルズ(台湾)。

仕事が終わってからいそいそと東京ドームへ足を運び、2階自由席の当日券を購入、価格は1500円。試合は既に始まっていた。

東京ドーム写真は撮らなかったが、中へ入るとえらい閑散としている。売店もほとんどが閉まっていた。

スコアボードを見ると、ロッテが既に1点先制していた。

カメラは持ってなかったため、携帯のカメラで撮影。何だかんだで携帯のカメラってショボい。まあ、携帯にそんなものを求めてはいけないが。

体調もある程度よくなったということで、とりあえずはビールを購入し、皆で乾杯。殆ど飲み会の雰囲気。何しに来てるんだ一体・・・。

先発は、ロッテが清水。興農がヤン・ジェンフ。申し訳ないが、ヤン・ジェンフは知らない。

今日の試合、どちらのファンというわけでもないので、単なる一野球好きとして観戦できる。

ロッテ応援席この試合はロッテが三塁側、興農が一塁側。この写真はロッテの応援席。他の席は空席ありだったが、 レフト側は立ち見しか残ってなかった。

打者によって、ロッテの応援は皆が跳ねる跳ねる。Jリーグのサポーターみたいにそろって飛ぶわけじゃないので、まるで波だ。

ファン全員が跳ねるので、その度に振動が来たのは覚えている。

見ても全く分からないと思うが、跳ねるロッテファンの動画も撮ってみた。一応ベニーの応援のときだ。この動画を撮ったあと、 ソロホームランを打った。

ちなみに、ベニーは次の打席でもホームランを打った。

ガラガラの観客席この通り、観客席はガラガラである。こちらは一塁側だが、三塁側はこれよりもちょっと多いだけで、 基本的にはガラガラ。人が密集しているように見えるところもあるが、その中でもかなり空席が目立つ。

1階席にいるのは興農の応援団。わざわざ台湾から応援しに来ているのだろう。バレーボールの応援で使うような棒を持って、 太鼓を音頭にバンバン叩いていた。これが台湾流の応援の仕方なんだろう。

試合は序盤からペースを握っていたロッテが結局12-1で勝利。この大会の規定で、7回でコールドになってしまった。 韓国もそうだが台湾も一応野球のレベルは結構高いはずだし、興農だって一応台湾チャンピオンになったチームなのだが、 まさかここまで一方的な展開になるとは思わなかった。

大会自体がまだ浸透してないのか、出場しているチームのファン以外は興味がないのか、集客率は今ひとつだ。 明日の決勝はもう少し人は入るんだろうが、おそらく満員ということにはならないだろう。

スポーツ観戦は、やはりテレビで見るよりスタジアムで見たほうが面白い。来シーズンからもうすこし球場で試合を見ることにしようか。


posted by ホアキン at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。