2005年05月13日

ラーメン二郎 神田神保町店

たまたま神保町のほうに行く用事があったので、かねてから行こうと思っていた神田神保町二郎へ行ってくることにした。

6時15分ぐらいに店に到着。この店のオープンは6時なのだが、既にこの時点で前には5人ぐらい並んでいた。 わざわざここまで来ておいてすごすごと引き下がるわけにはいかないと、微妙に肌寒いなか店の外で待つことにした。

待つこと15分、ようやく店内へ。店内でも3人ぐらい待っていた。その間に食券を買う。頼んだのは「小ぶた」。

食券を買ってから10分、席に座ることができた。食券をカウンターの上に出してから5分後ぐらいに、「ニンニク入れますか?」と聞かれた。 ついに来た、ジロリアンの呪文を唱える時が。とは言っても僕は二郎に来るのが2回目なので呪文など使えるわけがなく、「ニンニクは無しで、 野菜多めで」と言うしかなかった。

隣に座っていた青年は相当なジロリアンらしく、「ニンニクアブラマシマシ」みたいなことを言ってたけど、これはどういうこと? ニンニクとアブラは分かるけど、マシマシって?ニンニクと油がまし?

そんなことはどうでもよく、こんなやり取りをしたすぐ後にラーメン到着。

小ぶた 700円

店にレンゲはなく、仕方がないので野菜をスープにつけて一口。うん、関内と大差ないな。麺をほじくり出し、熱いのも何のその、一気にすする。

お!うまい!!関内のよりも麺の形が崩れているが、それもまた自家製麺っぽいところ。

チャーシューもよいではないか。トロトロ感は関内店よりも少なかったが、ボソボソしてもいないし、味がしっかり出ている。

あとはもうとにかく野菜、麺、チャーシューを一心不乱に食べ続ける。4分の1を残した時点でかなり苦しくなってきたが、 こんなところで残すわけにはいかない。スープとともに残りを食べる。このスープがまたカロリー高くて体に悪そうだが、 旨いと判断した時点でそんなことは気にしてられない。

さすがにスープを飲み干すのは無理だったが、麺と具は完食。

残った水を一気に飲み干し、カウンターの上にどんぶりとコップを置いて、カウンターを拭いた。

ごちそうさま。

この神田神保町二郎、二郎を扱ってるホームページの中でもかなり評価が高い。それを十分に納得させられる味であった。

ただ、神保町っていう場所柄、そんなにしょっちゅう来れるものでもないかな。たまにこっちに来る用事があったときに来てみることにしよう。

店の前から撮影

帰り際に撮影したが、すでに周りは暗くなっていたので、よく分からない写真になってしまった。所詮は携帯のカメラ。

posted by ホアキン at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

今度は飯田橋大勝軒

今日は交流戦の第1試合。職場から行きやすそうだったので、ヤクルト対ソフトバンクの試合を見に行こうと思ったのだが、 残念ながら雨で中止。そのまま家へ直帰というのも何だか味気なかったので、飯田橋の大勝軒へ行くことにした。

飯田橋の駅からほど近いところ、青葉の隣に飯田橋大勝軒はある。この飯田橋の駅の周辺は、大勝軒、青葉、 にゃがにゃが亭が半径20メートル以内にあるのだ。

店の外の撮影は、雨が降っていたため断念。時間帯が時間帯だけに、行列はなし。

中に入ると、15人ぐらい座れるカウンターのところどころに空席が。特製もりそばと煮玉子をオーダーして着席。

食券を店員に渡し、5分ほどしてからご対面。

特製もりそば 650円 + 煮玉子 100円

麺の量は相変わらず。スープを一口すすると、うん、お馴染みの甘みと酸味。上野や湘南と比べると濃い目な印象だ。

店によってスープの味は違うが、共通しているのは入っている具。小口切りのネギに半分のゆで卵、チャーシュー2切れ、ナルト巻きが1切れ。 ただ、湘南大勝軒にはゆで卵は入っていなかったが。

上野、湘南といくつかの暖簾分けの店へ行ったが、ここが一番東池袋の店に近いと思われる。

おいしいかどうかではなく、どのスープが東池袋に近いかということを勝手に順位付けさせてもらうと、
1.飯田橋
2.上野
3.湘南
という順位になる。

飯田橋大勝軒は、職場からわりと近いので、これから何度かお世話になるかもしれない。また、青葉が隣にあって、 美味しいという評判があるので、一度行ってみたいとも思う。

posted by ホアキン at 21:17| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

東池袋大勝軒

今までいろいろな大勝軒に行ったが、本家、つまり東池袋の大勝軒には行ったことがなかった。それで、 本日は退職手続きは午前中で帰ったことを利用して池袋まで足を運ぶことにした。

何だかんだで時間がかかったのと、メガネを新調しにZoffまで行っていたので、着いたのは12時半を少し回ったところ。

平日のせいか、並んでいたのが10人程度。時間はあったし、これぐらいだったら並べる。並んでいる間に写真を一枚。 お年を召した方々が集まっている。山岸一雄氏と彼のつくるラーメンとともに人生を歩んでいった人たちなんだろう。

オープンテラス?いかにも下町って感じだ。

15分ほど待って入店。狭い店内に客16人と店員が2〜3人。厨房にも3人ぐらいいる。残念ながら、山岸一雄氏は不在。 オーダーしたのは特製もりそば。

特製もりそば 650円

写真だとなぜか美味そうに見えないが、やはり本家大勝軒。濃厚で甘みと酸味のあるスープに太麺が良く合う。 他の暖簾分けの店がしっかり継承していると分かって嬉しい限りだ。でも、チャーシューはちょっと・・・。 分厚くてボソボソしているだけで美味しくない。湘南大勝軒のチャーシューのほうが全然美味しい。具にはあまり力を入れてないんだろうか? 麺とスープが美味しいだけにこの点は非常に残念だ。

腹が減っていたこともあり、一気に完食。ごちそうさま。

残飯入れのバケツとザル

店員さんが残ったスープやらをこの水色のバケツの中にガンガンぶち込んでた。この中を覗いてみると、ザルの中には残った麺、 その下にはスープ。まだ並んでいる客が見たらどう思うんだろうか。これは普通に食欲が減退すると思うんだが。

食べ終わって、店の外を撮影。

正面から

僕の後ろにもかなりの行列だったが、店を出たら2倍ぐらいになってた。今日は一応平日なんだけどな。この中にスーツ姿の人も混ざっていた。 仕事はいいのかな?今日は平日なのに。

写真に収まりきらない行列

全体的な感想はというと、予想がある程度ついていたこともあり、並んでまで食べなくてもいいかなと。 暖簾分けの店も十分この店の味が再現されている。さらに、東池袋本店にはない味もあったりするので、 暖簾分けの店をいくつか周ったら面白いかもしれない。

ただ、僕がここに来たのは味がどうこうという話ではなく、大勝軒のルーツにどうしても触れたかったからというのが大きい。 あくまで個人的意見だが、既にここを凌いでいる暖簾分けの店も存在するわけで、味だけを目当てにしているのであれば、 わざわざこんなところまで足を運んではいない。

大勝軒という名前そしてつけ麺という食べ物をここまで発展させた山岸一雄氏には大いなる敬意を表したい。 体の調子もあまり思わしくないようだが、無理をせず長生きしていただきたいと思う。

posted by ホアキン at 01:52| Comment(1) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

関内ラーメン事情

一昨日、会社の同僚とラーメンを食べにいくという話になった。最初は神奈川新町の大勝軒に行くといっていたのだが、 行くのがややこしいことと、いい情報を書いているホームページがなかったので却下。 代わりに同僚の一人がおいしそうだと行っていたラーメン屋へ行こうということになった。

ベイスターズがボロ勝ちしている横浜スタジアムを横目に、関内駅のほうへ足を運んだ。

店の外観

なかなか渋い店構え。中に入ると、魚系スープのうまそうな匂いがする。

ここでは煮干何とか醤油ラーメンを注文。

煮干何とか醤油ラーメン

表面に油膜が張っている。これは桜木町大勝軒みたいな、スープが冷めない油膜なんだろう。

スープを一口飲むと・・・う〜ん、醤油の味とほのかな魚系のダシの香りと強烈なネギの匂い。そう、写真を見てもわかると思うが、 ネギ入れすぎ。魚系のかなり繊細なスープなのに、入れすぎたネギのおかげで全てが台無しだ。店主は気づいていないんだろうか? 海原雄山みたく、「食べるに値しませんな」とは言わないが、やっぱりこのネギが邪魔だ。いくらネギを避けたところで、 スープにしっかりついたネギの匂いは抜けない。いいスープだと思うんだが、実にもったいない・・・。

サイドオーダーとして、豚の何とかトロ肉串とかいう串焼きを頼んだのだが、コショウがかかりすぎてとにかく塩辛い。 肉の脂身のトロみとコショウの味だけは分かったが。

こんな貼り紙が席の真正面に貼ってあった。

スープは飲み干さなきゃいけないらしい

この店主、スープがそんなに惜しいのか?店側からしてみれば、残したものを捨てるのと、客が飲み干すことで違いはないと思うんだが。 だいたい、飲み干せるかどうかなんてどうやって判断するんだ?飲み干せなかったら店主はその客に何か言うつもりなんだろうか。単純に、 残されたら気分が悪いと言っているようにしか見えない。

客が来なかったら、どんな店でもつぶれてしまう。こういうところに、客を大事にしていないという姿勢が見て取れる。 佐野実の支那そば屋と何ら変わらない姿勢だ。

店主の驕りが見えるこういう店には二度と行くまいと、ネギの匂いをぷんぷんさせながら思うのであった。

店の名誉のために、どこにあるかははっきり言わない。あくまでラーメンは好みなんで。

posted by ホアキン at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

湘南大勝軒行ってきました

昨日、会社の同僚から東池袋の大勝軒へ行ったというメールをもらった。なんとなく行きたくなってきたので、 今日は東池袋大勝軒の暖簾分けの店である湘南大勝軒へ行くことにした。

この湘南大勝軒、僕の家から車でそう遠くないところにある。たまに行くのだが、本当に美味しいと思うようになってきたのはここ最近の話だ。

湘南大勝軒の店構え。池袋のよりもきれいだ。

湘南大勝軒

店内にはいつもはジャズとかフュージョンが流れているのだが、今日はなぜかヒップホップ。店主の趣味が変わったんでしょうか。

朝から何も食べてなく、腹が減っていたので、大もりそば+味付け玉子をオーダー。この店はメニューが豊富で、つけ麺は塩と醤油、 中華そばは醤油、味噌、塩から選ぶことができるのだ。

塩大もり+味付け玉子 900円

来ました。相変わらずめちゃくちゃな量の麺。一般のラーメン屋の大盛りとはスケールが違う。これで900円なり。

いただきます。

甘みと酸味が利いたスープに極太の麺。塩ベースのスープなので、醤油に比べ若干あっさりしている。スープがあっさりしているせいか、 するすると麺が食べれる。味付け玉子もトロリと半熟。うまい!!

最後の方になると少々きつくなってくるが、何とか完食。最後のスープ割りで仕上げ。

ごちそうさま。

つけ麺は本来、賄いから始まったものらしい。それをここまでポピュラーなものにした池袋大勝軒の店主、 山岸一雄氏には大いなる敬意を表したい。もうすぐ池袋の大勝軒がなくなってしまうという話なので、 つけ麺のルーツであるこの店にも一度は足を運びたいと思う。遠いけどね・・・。

posted by ホアキン at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

一人反省会

今日は10時ぐらいまで仕事をしていたが、7時半以降は裏でスポナビのバーレーン戦速報を流していた。結局バーレーンのサルミーンのオウンゴールによる勝利となった。

もうちょっとこっちがスカッとするようなシュートで試合を決めてほしかったんだが、今の日本代表にはそういうのは望めないんだろうか?今日の試合を考えると、イラン戦での同点ゴールは良かったんだろうな。テレビを見ずに文字情報だけを追った限りでは、これからの戦いが非常に心配になる内容だった。

日本代表のふがいなさに仕事が終わってから同僚と反省会をしようという話をしていたのだが、湘南新宿ラインに乗りたいからといってバックレられてしまったので、仕方なく家に帰って一人反省会。

それで今日飲んだ酒はテキーラ。テキーラは好きなので、これを飲むのに反省会という名目はいらない。ただ、平日に飲むということは滅多にないので、反省会という理由をつけた。

今家にあるテキーラは、「El Jimador」という銘柄だ。これをライムと塩を添えてストレートで3杯飲んだ。お猪口よりちょっと量の多い程度のショットグラスに注いだテキーラと更にライムを3切れ、それと塩を盛る。写真を誤って削除してしまったので掲載ができなくて申し訳ない。代わりにEl Jimadorの画像を掲載する。

El jimador

ライムと塩を用意してストレートで飲むスタイルはシューターっていうんだが、この飲み方はこんな感じだ。

1.ショットグラスにテキーラを注ぐ。
2.左手の人差し指と親指でライムをつまみ、親指の付け根あたりに塩を乗せる。
3.その塩を舐めてから、すぐにライムをかじる。
4.塩とライムが口の中に残っているうちに一気にテキーラを飲む!!

シューターは僕が一番好きなテキーラの飲み方で、口の中で作るカクテルみたいなものだ。「ニコラシカ」っていう、ブランデーをレモンと砂糖と一緒に飲むカクテルも同じようなものだ。ニコラシカには興味はあるが、あいにくブランデーが苦手なもので・・・・。

ライムの酸味と塩辛さとテキーラの味が見事にマッチしていると思う。あと僕が重要だと思っているのが温度で、常温でも十分美味しいが、僕はテキーラを冷凍庫の中でキンキンに冷やしているほうがいい。冷凍庫の中に入れても凍ることはなく、微妙にとろみがつく。グイッと飲んだときに、冷たいテキーラが喉を通ったあとにカーッと熱くなってくる感覚がとてもよい。

疲れているせいか、3杯飲んだところで結構酔いが回った。平日にこんな飲んで大丈夫なんだろうか。

何だかこのカテゴリ、ラーメンと酒の話題ばかりだ。もうちょっと経ったら違うものが出てくると思うので、そのときをお楽しみに!!



posted by ホアキン at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

こりゃ失礼

会社の同僚が桜木町のWINDSへ行ったときに大勝軒を見つけたらしい。それがきっかけか、 今日の午後から夕方にかけてはやたらと大勝軒の話で盛り上がり、仕事が終わったら行こうという話になった。

営業時間とかを調べ、8時半ごろ出発。

桜木町の駅からみなとみらいの反対方向へ約10分ほど歩いて、目的の大勝軒に到着。道路の反対側には同僚の言ってたとおりWINDSがある。

店に入ってみると、あれ?店主が池袋大勝軒では定番のタオル鉢巻きをしてない。つけ麺や中華そばも麺の量の指定がない。 あまりの想像とのギャップに、同僚に「ここって馬券売り場が近いから大勝(たいしょう)軒じゃなく大勝(おおがち)軒なんじゃねーの」 的な話をしてた。競馬で勝った人が来る、あるいはゲン担ぎのために来る、単なるラーメン屋なのではないかと。

いろいろと心配をしながら、中華そばをオーダー。で、来たのがこれ。



う〜ん、魚系のダシの匂い。写真だと分かりにくいが、表面には油が。食べてみると、 ちぢれ麺と魚系の醤油スープがよく合っていてなかなか美味だ。

大勝軒ってかの有名な山岸一雄氏の東池袋大勝軒と、永福町にある大勝軒の二つがあるようだ。同僚は永福町の大勝軒に行ったことがあるようで、 そこの味に似てるんだと。

なるほどね〜。東池袋系ではないが、ここも立派な大勝軒なんだ。

競馬と絡めて大勝(おおがち)軒なんて勝手なことを言ってしまって、店主様よ、許してください。何ともお恥ずかしい限りで。 次はつけ麺を食べに来ますからね。

posted by ホアキン at 00:08| Comment(2) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

これぞドライ

最近、酒が美味しいと思うようになってきた。

ビールはそこまで好きではないし、日本酒や焼酎もダメ。じゃあ、何が飲めるんだっていうと、スピリッツだ。特に好きなのはジンとテキーラ。この二つはストレートでも飲める。ただ、あんまり飲むと足に来るのだが。

夕食前によくドライマティーニを飲む。いつもやってる作り方はこうだ。

1.ミキシンググラスに氷とベルモットを入れてステア(かき混ぜること)する。
2.しばらくステアしたら、ベルモットは捨てる。
3.そこにジンを注いでまたステアする。
4.それをグラスに注いで(氷は入れない)、カクテルピンに刺したオリーブを入れる。
5.レモンの皮を絞る。

ハイ、出来上がり!
martini.jpg

マティーニはとてもシンプルでいて、とても奥が深い。マティーニのレシピだけで300種類ぐらいあって、それだけを載せた本があるぐらい。本に載ってるかどうかは知らないが、こんなマティーニがあるようだ。

父親からウィンストン・チャーチルのドライマティーニにまつわる話を聞いた。真偽のほどは定かではないが、非常に面白かったので書いておく。

・ベルモットの瓶を眺めながらドライジンを飲む。
・執事か部下だかにベルモットを飲ませて、グラスに「ベルモット」と呟いてからドライジンを注ぐ。


う〜ん、何とも歴史があるお酒だ、って本当か?

肝心の味のほうはというと、ジンが好きなので、これはするすると飲める。まあ、飲めても4杯が限界だが。これ以上飲むと立てなくなる、たぶん。気分はウィンストン・チャーチル。

こういうスピリッツ系のお酒を飲むようになってから、居酒屋によくあるカシスなんたらとか、そういうジュースみたいなお酒をあまり好まなくなってしまった。だから飲み会とかに行くと大抵ビールか梅酒のロック。まあ、大抵の飲み会は場が面白いので、酒が第一優先というわけではないのだが。

ジントニックはどこでも飲めるが、あんまり美味しくないんだよな・・・魚○とか○木○とか○の○族とか。関係者の方、これを読んだらもう少し努力してください。カシス何たらとかいうお酒を何杯も飲んで、「俺は酒が強いんだぜ」とか言ってるバカ者を少しでも減らせるように。

おっと、つい毒づいてしまった。お許しを・・・。
posted by ホアキン at 01:57| Comment(2) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

ラーメン二郎行ってきた

関内にもラーメン二郎があるというのを、どこかのホームページで見た。友人の一人はおいしいと言っていたが、 同僚は食えたもんじゃないと言っていた。非常に賛否両論が分かれるラーメン屋だ。

ちょうど横浜のほうへ足を運ぶ用事があったのと、夜飯時で腹も減っていたので行ってみた。関内店とは書いてあったが、 関内駅から歩いて15分近くのところ。最寄り駅は関内というよりも、横浜市営地下鉄の伊勢佐木長者町。

店内にはここの店主と三田本店のおやっさんががっちり握手している写真が飾られていた。基本的にラーメン屋は回転が速いので、 前に3〜4人並んでいても、ものの10分で店内に入ることができた。

で、僕が頼んだのは「小ぶた」(700円)↓。


写真だとサイズが分からないが、これでも二郎的にサイズは「小」なのだ。

頼んだときに、店員に「ニンニク入れますか?」と聞かれた。ジロリアンとか言われる人は、この時にトッピングを言うらしい。 隣に座ってた人は、「ニンニクカラカラアブラブラ」と、まるで呪文のようなトッピングをしていた。二郎に関するホームページを見ると、 「ニンニク入れて、タレと油をたっぷり入れる」ということらしい。

さてさて、このラーメンがどんなかというと、ほんのり甘みのする、こってりとした醤油スープに極太麺。 その上に野菜がこれでもかというぐらい盛られている。味のほうはというと、この醤油スープに極太の麺がよく合っていておいしい。 チャーシューもとろりとしていて、僕は好きだ。

僕はラーメン評論家ではないので点数は敢えてつけません。駅から15分てくてく歩いてきた甲斐があったと言っておく。 またいつか来るとしよう。でも、よっぽど腹が減ってないと、ここのラーメンを完食するのは大変だろう。極太麺は食べ応えがある上に、 量も半端じゃない。野菜の量だってそうだ。

ここのラーメンを食べてから3時間あまり経過しているが、満腹感が未だに残っている。電車の中で何回か戻しそうになった。あ、 これは単純に胃の中にものがいっぱい詰め込まれてるからですよ、念のため。

で、家に帰ってから一昨日の夜に作ったサングリアを試飲。


微妙に暗い部屋で撮ったので全く美味しそうに見えないが、結構美味しくできてた。安物のワインでも結構美味しくできるもんだな。 使ったワインはスペイン産のやつ、だったと思う・・・。サングリアはスペインの飲み物ですから!

posted by ホアキン at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。